医療脱毛の仕組みと効果

###Site Name###

宣伝のせいか、脱毛はエステやサロンで行うものという認識が広がっています。
しかし、脱毛と言うのは人間の体から毛を生えなくさせるという医療行為であるために、本来は皮膚科などのクリニックで行うべきものです。

そのため、美容外科などでは医療脱毛としてエステとは異なる方法で施術を提供しています。

医療脱毛では、高い出力を持つ医療用のレーザーを使って施術をします。
このレーザーは黒い色素に反応するようになっていて、お肌の上から照射すると、皮膚にはダメージを与えずに、毛だけに集中的に向って行きます。



毛に到達すると、レーザーのエネルギーで毛根を破壊し、ムダ毛が二度と生えてこないようにします。
毛の生え変わりのリズムに合わせて、6回ほど施術をすると、ムダ毛のないきれいな状態にすることができます。

医療脱毛は、医師の診察を経て、看護師が施術を行うので技術の面でも知識の面でも安心です。

一方、エステは医療機関ではないので、医師もいません。

リクナビNEXT JOURNALに関するアドバイスです。

そのため、医療レーザーを扱うことができずに、代用としてフラッシュと呼ばれる弱い光を使用して脱毛しています。

大阪の医療レーザー脱毛使いやすさが好評です。

フラッシュには、一時的にムダ毛を生えてこなくさせる効果がありますが、毛根は残ったままなので、しばらくすると再び毛が生えてきてしまいます。医療脱毛より回数が2~3倍ほどかかるため、脱毛が終わるまでの期間が長く、終えたと思ってもしばらくすると毛が生えてきてしまうというデメリットがあります。